緊急事態宣言中の飲み屋さん、夜の大阪実態調査

緊急事態宣言が発令されている地域では、2月7日まで飲食店などへの時短営業が要請されています。

そのため、飲食店は8時まで(酒の提供は7時まで)の営業、ということになっていますが、果たして実態はどうなのか。

実際に大阪の夜の街へ出かけてみました。

緊急事態宣言中の飲み屋さん

夕方、5時半過ぎに、大阪梅田の焼き鳥屋さんに行ってみた。

この時間帯でも、いつもならほぼ満席の人気店なのに、今日は誰一人お客さんがいない。

カウンターから外を見ると、通行人の視線が鋭く突き刺さってくる感じがする。

まぁ、そんなことを気にしても仕方ないので、ここは好物の焼き鳥を楽しむ。

焼き鳥

腹が減っていたので、写真を撮るのも忘れて、夢中で食べてしまっていた。

気が付いたら残り2本…。
「せせり」と「ささみわさび」。

せせりは首の部分で、よく運動しているからか、適度な弾力があって、脂ものっている。
鶏肉では、一番美味い部分じゃないかなぁ。

生ビール

ビールも進み、さらにアテを追加する。

その時、店長に聞いてみた。

おっさん猫
おっさん猫

店は何時までやるの?

「ウチはフルでやりますよ」

「1日6万円くらいもらって店閉めてたら、潰れてしまいますわ!!」

時短要請完全拒否!!

そりゃ、そうだよな。

スタッフだけでも10人以上いるわけだし、人件費だけでも6万円では、全く追いつかないのはわかる。

おっさん猫
おっさん猫

そうは言っても、お客さんの入りはどう?

「厳しいですけど、ギリギリですわ」

ほどなくして、ムネ肉のカルパッチョが出てくる。

鶏むね肉のカルパッチョ

これが意外に旨かった。
淡泊なむね肉も、オリーブオイルのおかげで、濃厚な感じに仕上がっている。

この頃には、店も半分くらい埋まっていた。

さらに、店長が続ける。

「小さい店やったら、協力金6万円をもらったら儲かるけどね。
1日に売り上げ2~3万円の店やったら、いろいろ引いて、利益が1万円くらいやし、6万円もらったら大儲けや」

中途半端な制作なんかやったって、コロナが収束するわけがない。
飲み屋が、お酒を7時までしか出せないなら、商売にならへんで。

「紙読んでるだけの、あんなリーダーの言うことなんか、聞いてられへん」

おっさん猫
おっさん猫

菅さんからは、本気で国を守りたい、という気概が感じられないもんなぁ。

それに対して、この店長からは、店を守らなあかんという決意を感じる。

そんな話をしてるうちに、店もにぎわってきた。

混み合ってる場所は避けたいので、スピードメニューの煮卵でシメに入る。

煮卵

酒飲みの気持ちがよく分かっている絶妙な味。

ちょっと塩からいかな、と思うくらいが酒には合う。

フルーティーで甘めの酒でしめてみる。

日本酒
日本酒

ちょっと甘めだけど、なかなかいい…。
女子が喜びそうな酒だ。

飲み屋さん限定だから、店でしか飲めないのが残念。

8時以降の飲み屋さん実態調査へ

店を7時過ぎに出て、辺りをうろついてみた。

どの店も、ほぼ満席だ。

空いている居酒屋を見つけては、「まだ、お酒飲めますか」と聞いてみるが、決まった答えしか返ってこない。

やっぱり、ほとんどの店が時短に応じているのかと思いながら、駅への道を回り道しながら歩く。

暖簾を下ろしている飲み屋さんの中で、閉める気配のない店を発見。

おっさん猫
おっさん猫

お酒飲めますか?

「はい、どうぞ

店内を見渡すと、思ったより人が少ないので、もう一杯飲むことにする。
客も自粛しているのか…。

店員さんに、営業時間について聞いてみると、なんだかしどろもどろになっている。
それ以上は何も聞けなかった。

8時を過ぎると、急に客が増えてきた。

みんな、この店が遅くまで営業していることを、知っているんだな。

軽めのカクテルを2杯飲んで店を後にする。

最後に

前回の緊急事態宣言に比べると、まったく緊張感がない様子。

お客さんは、若い人が中心だったので尚更だ。

酒好きにとって、行きつけの居酒屋さんがなくなるのはつらい。

微力ながら、応援していきたいもんだ。

コメント